TOP>>吉備路の名所・備中国分寺

トップページへ

◇吉備路の名所◇ 備中国分寺


  奈良時代、聖武天皇の発願によって全国に建てられた国分寺のひとつ。南北朝時代に焼けて、一時廃寺になっていましたが、江戸時代中期に再建されました。境内の五重塔は岡山県内唯一のもので国の重要文化財に指定されています。アカマツ林におおわれた丘陵地のほぼ中心にあり、吉備路を代表する景観として、絵、写真の題材にも数多く取り上げられています。


備中国分寺
岡山県総社市上林

総社駅からタクシー10分

地図 詳細マップはこちら

▲このページのトップへ